ブログ

✨Instagram Campaign 開催中✨

皆様こんにちは!

いつもスタジオ アクアンジュのブログをご覧くださり、ありがとうございます!!

本日は、アクアンジュ初の試みとなる【Instagram Campaign】のご案内です♥

 

気になるキャンペーン内容は・・・

☆たくさんお衣裳をお召になりたい花嫁様必見!お写真データを10カット追加でプレゼント☆

☆インスタ映えのおしゃれ花嫁様になれちゃう!?新作有料アクセサリーを無料レンタル☆

☆なんといってもうれしい…!!プラン料金10%オフ☆

上記の中からお好きなものを1つお選びいただけます!

 

キャンペーン参加方法は簡単!!

インスタグラムにて@studioacquangeをフォローして、

#スタジオアクアンジュをつけて、アクアンジュでのお写真を投稿していただくだけ!!

 

6月21日から先着10組様限定ですので、お気軽にお問合せ・ご予約ください。

アクアンジュとブライダルサロンAiのインスタグラムもぜひチェックしてくださいね♪

感染症対策を徹底して、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

ベルラインのウエディングドレスの特徴や着こなしポイント

「ベルライン」と呼ばれるシルエットのウエディングドレスをご存知でしょうか?
ベルラインはプリンセスラインのドレスと同じとされることもありますが、仕立て方やシルエットに違いがあるんです。

  • ✅ベルラインってどんなイメージのドレス?
  • ✅ベルラインはどんな人におすすめなドレスなの?
  • ✅より可愛らしく着こなすにはどうすればいい?

今回は、ベルラインのウエディングドレスの特徴や魅力、着こなしのポイントについて紹介します。

「ベルラインはベルのようなウエスト部分のふんわり感がポイント」
「プリンセスラインとの大きな違いは【仕立て】」
「クラシカルな印象のデザインが多い」

ベルラインのウエディングドレスの特徴

ベルラインのウエディングドレスは、ウエストから裾にかけてのふんわりとした釣鐘(ベル)のようなシルエットが特徴です。

スカートラインのやわらかな丸みと、ほどよいボリュームが可愛いですよね。裾部分があまり広がらず、ストンとしたシルエットになります。

もともとは中世のヨーロッパの女性が舞踏会へ着ていく際のドレスのため、シルエットはシンプルながらも華やかさやゴージャスさでは他のドレスに引けを取りません。

プリンセスラインは上から下まで一枚の布で仕立てますが、ベルラインは上半身と下半身とで切り替える「仕立て方」という違いがあります。この仕立て方によってメリハリが生まれ、よりウエストが引き締まって見えるのです。

上品でクラシカルな雰囲気のデザインのドレスが多く、撮影時にも落ち着いた印象の写真に仕上げることができます。

ベルラインのウエディングドレスを紹介

華やかな総レースのトップスに、ふんわりとしたやさしい質感のドレスが雰囲気たっぷり。ドロップショルダーでトレンド感も加味しています。決して派手なデザインではありませんが、清楚な印象と可憐さ、上品さが魅力のベルラインタイプのウエディングドレスです。

ドレスのボリュームが控えめな、清楚な印象のベルラインドレスです。ハートカットのビスチェにより、デコルテやお顔がすっきりとして見えるデザインもポイントが高いのではないでしょうか。ウエスト部分の切り返しで、スタイルにもメリハリが生まれています。

全体的にレースや刺繍で可愛らしいデザインが入っているため、上品で可憐、かつゴージャスな印象を与えてくれる魅力的なドレスです。

ボリュームたっぷりのスカートにより、ウエストがきゅっと引き締まって見えるのもポイントでしょう。ネックレスやヘアスタイル次第で、印象の異なるスタイリングにもできます。

ブルーグレーの華やかさと、上品なビスチェの組み合わせが、とても印象的なカラードレスになっています。ウエストラインに取り入れた可憐なくすみピンクのリボンがアクセントとなり、より細身に見えるのもポイントです。動くたびにふわりふわりと揺れるスカートも魅力です。

ベルラインのドレスはスタイルアップを期待する女性におすすめ

ベルラインのドレスは、スカート部分の切り替えにより、ウエストが細く引き締まって見えるため、「少しでも細く見えるドレスを選びたい」という女性におすすめです。

トップスとスカートで素材や質感の異なるデザインのものを選べば、より上下のメリハリがはっきりしてスタイルアップも叶います。ウエストラインが高めのデザインを選ぶと、脚長効果や身長が高めに見える効果も期待できるでしょう。

ほんのりレトロでクラシカルな印象を与えるデザインのドレスも多いため、華美すぎるウエディングドレスには抵抗があるという女性にもおすすめです。

落ち着いた雰囲気を与えつつも、決して地味になりすぎず、可憐で清楚な花嫁さんスタイルを実現できますよ。

ベルラインドレスの着こなしのポイント

ベルラインタイプのドレスは、ふんわりとしたウエストラインからのスカートのボリュームが魅力です。

全体的にバランスを取るためにも、ヘアスタイルはアップスタイルにしてまとめるのがおすすめです。

レトロ感の強いデザインのドレスの場合は、ヘアスタイルに多少のトレンド感をプラスすると◎。毛束を引き出してゆるっと感を演出したローシニヨンや、夜会風アップスタイルなどもいいですね。

ブーケは存在感のあるキャスケードブーケやクレッセントブーケを選ぶと、豪華で華やかな印象になるのでおすすめです。小ぶりなブーケだとドレスのボリュームにブーケが負けて見えてしまうこともあるので、バランスを見て大きめのものを合わせるようにすると良いでしょう。

アクアンジュはベルラインのドレスを豊富にご用意しています

アクアンジュでは、ベルラインのウエディングドレスやカラードレスを多数ご用意しております。

クラシカルなデザインのほかにも、トレンド感のあるデザインや素材を取り入れたベルラインドレスもたくさんありますので、一度スタジオを訪れてはいかがでしょうか。

見学はもちろん試着体験デートなどの企画もご用意しておりますので、ぜひこの機会にアクアンジュへ足をお運びくださいね。

幸せいっぱい【JUNE BRIDE CAMPAIGN】

みなさまこんにちは!

いつもスタジオ アクアンジュのブログをご覧くださり、ありがとうございます。

ようやく冬を超えポカポカ陽気になったのも束の間、最近は夏の様な日も多くありますね!

今年は少しでも北海道の短い夏を楽しめたら良いな…と思っています。

 

さて、本日はスタジオ アクアンジュでの【JUNE BRIDE CAMPAIGN】のお知らせです。

スタジオ アクアンジュでは幸せいっぱいの花婿様・花嫁様に向け、うれしいご成約特典をご用意いたしました。

6月中、1件目にアクアンジュにご来店くださり、期間中にご成約のご新規様へ

・土日、祝日の追加料金¥11,000をサービス

・洋装・和装インナーのレンタル¥40,000相当をサービス

・沢山お衣裳をお召になりたい方必見!10カットデータ分を追加サービス

こちらの特典の中からお好きなものをひとつお選びいただけます。

 

できるだけ外出を控えたい、けれどジューンブライドってやっぱり憧れる!

そんなお二人をスタジオ アクアンジュは応援いたします!!

一生涯にわたって幸せになれる6月の結婚式をスタジオ アクアンジュのフォトウエディングで叶えてみませんか?

感染症対策を徹底して、皆様をお待ち申し上げております。

 

プリンセスラインのウエディングドレスの特徴や着こなしポイント

「プリンセスライン」は様々なデザインやシルエットのウエディングドレスのなかでも、圧倒的に高い人気を誇るドレスです。

華やかでボリュームのあるスカート部分や、メリハリのあるシルエットがとってもキュート。

  • ✅プリンセスラインってどんなイメージのドレス?
  • ✅どんな人におすすめなドレスなの?
  • ✅より可愛らしく着こなすにはどうすればいい?

今回は、そんな疑問にわかりやすくお答えします。

・プリンセスラインはウエストからボリュームのあるシルエットが特徴

・「お姫様」らしく可愛く上品なイメージを与える

・どんな人にも似合いやすいため、世代を選ばずとても人気が高いデザイン

・ネックラインやカラー、袖の有無などでより可愛いらしく

・デザインや種類が豊富なのでとにかく試着するのがおすすめ

プリンセスラインのウエディングドレスの特徴

プリンセスラインドレスとは、まず喩えるとすると、外国の物語に出てくるお姫様のようなイメージのウエディングドレスです。

上半身をタイトにし、スカート部分はたっぷりとボリュームをもたせたシルエットが特徴です。

パニエなどを使って大きくボリュームを出すため、全体的にゴージャスで華やかな印象も含めることができます。そこにはウエストラインの切り替えにより、メリハリのあるスタイルにも見えるといったメリットもあります。

数多くあるウエディングドレスのなかでもまさに「王道のシルエット」ではありますが、着る人を選ばないという点では、とても人気が高いドレスラインです。

プリンセスラインのウエディングドレスを紹介

プリンセスラインのウエディングドレスを紹介

これぞまさに「プリンセス」な、気品あふれるドレスです。胸元や裾に広がるレースも、とても優雅で上品。オフショルダーデザインになっているので、お顔周りがすっきりとし、デコルテがきれいに見える効果も。清楚さや上品さを求めるなら、こんなドレスがおすすめです。

プリンセスラインのウエディングドレスを紹介

ふんわりとしたシフォンと細かなレースが可憐な、可愛らしい印象のプリンセスラインドレスです。全体的にボリュームは控えめですが、スリーブが長めのデザインなのでバランスは二重丸。程よくゴージャスに、ロマンティックな雰囲気で着こなせるドレスでしょう。

プリンセスラインのウエディングドレスを紹介

まるでお花のような印象を受ける、プリンセスラインのドレスです。胸元の大きなフリルに視線が集まるデザインのため、お顔周りもすっきりと見えるほか、ウエストラインも気になりません。肌なじみの良い色合いで、どんな方にもお似合いになる一着でしょう。

プリンセスラインのウエディングドレスを紹介

贅沢にあしらわれた繊細な柄のレースがとっても美しい、プリンセスラインのドレス。ナチュラルに広がるスカートが、より可憐で可愛らしい印象を与えてくれます。透け感のあるスリーブとハート型にカットされた胸元は、デコルテや腕周りをすっきりと見せてくれることでしょう。

プリンセスラインのウエディングドレスはこんな方におすすめ

プリンセスラインのドレスは、華やかで女性らしく可愛らしい雰囲気を求める花嫁さんにおすすめです。

素材や胸元のカット、袖の有無やトレーン(すそ)の長さによって、多少印象は異なりますが、どれもキュートな印象を受けるドレスラインです。

また体型にコンプレックスがある方や、どんなドレスが似合うかわからず悩んでしまうという女性にも、プリンセスラインのドレスはおすすめです。

プリンセスラインのドレスの最大の魅力は、似合う体型を選ばない点にあります。

身長の高い低いや、スレンダーかどうかなど、スタイルの条件は一切なし。

ウエストがきゅっと引き締まって見えるので、スタイルアップやメリハリのあるシルエットを望む方にもぴったりです。

どんな女性もかわいらしく着こなせる点が、プリンセスラインのウエディングドレスに人気が集まる理由になっています。

プリンセスラインドレスの着こなしのポイント

プリンセスラインのウエディングドレスは、基本どんな女性も可愛く上品に着こなせるドレスです。

肩のラインを大きく出したデザインや、オフショルダー、袖ありのドレスなど、バリエーションも豊富なので、実際に試着をしてしっくりとくるデザインを選ぶのが良いでしょう。

またプリンセスらしさをより引き出してくれるような、ゴージャスなネックレスやティアラなど、雰囲気たっぷりのアクセサリーと組み合わせるのもひとつのポイントです。

人気の高いプリンセスラインのドレスは、圧倒的に種類やデザインが豊富。多くの点数を用意しているスタジオや衣裳店も少なくありません。

とにかく様々な素材や色味、ネックラインのドレスを試すことが、自分に似合うプリンセスラインのウエディングドレスと出合う秘訣。

ぜひ心動かされるドレスに出合えるまで、たくさん着てみましょう。

アクアンジュはプリンセスラインのドレスを豊富にご用意しています

アクアンジュでは、華やかで可愛らしい印象のプリンセスラインのウエディングドレスを多数ご用意しております。

肌なじみの良いカラーや可憐な印象を与える素材、カットの異なる胸元のデザインのドレスなど。

たくさんのドレスの中から、あなたにぴったりのプリンセスラインのドレスが必ず見つかるはずです。

ドレスの見学や試着体験デートなども、定期的に開催していますので、ぜひこの機会にアクアンジュを訪れてみてはいかがでしょうか。

体型やコンプレックスを魅力に変える!タイプ別ウェディングドレス選びのポイントとおすすめデザイン

ウェディングドレスには、さまざまな形やシルエット、デザインのものがあります。

スタイルや身長などにコンプレックスがある人は、ドレスの選び方次第で悩みをカバーすることも、魅力的にみせることも可能です。

ではどのような悩みに対し、どんなドレスがおすすめなのか、ドレス選びのポイントを紹介します。

  • 身長の高さや体型の悩み別ドレスの選び方
  • デザイン選びによりポイントをおさえてコンプレックス解消
  • 魅力的にウェディングドレスを着こなすための方法

身長の悩みがある人におすすめのウェディングドレス

ウェディングドレスは、一般的に 160cm~170cm の身長を標準として作られています。これは単純な身長の高さではなく、ヒールを履いた後の身長が基準となります。

そのため、身長が低い女性や逆に高い女性の場合、全体的なバランスが取れない場合があるのです。

とはいえ身長の低さや高さで、ウェディングドレスが似合わないのではないかと心配する必要は一切ありません。ポイントをおさえて選べば、コンプレックスなどはないに等しいくらい、魅力的に見せることができてしまうのです。

身長が低めの人に試してほしいウェディングドレス

身長が低めの人におすすめしたい、シルエットラインのドレスや特徴をいくつか紹介します。

・A ラインのウェディングドレス

A ラインのウェディングドレスは、ウエスト部分からアルファベットの A のように広がる裾が特徴のドレスです。

なかでもおすすめなのが、ハイウエストタイプの A ラインドレス。

裾のボリュームが大きすぎないため視線も程よく胸元に集まり、身長の低さは目立ちにくくなる効果が得られるでしょう。

できればあまり裾の装飾が多くないシンプルなデザインのものか、胸元にデザインが施されているタイプのドレスがおすすめです。

・エンパイアラインのウェディングドレス

エンパイアラインのウェディングドレスは、ウエストの位置が高めにデザインされているのが特徴です。

ウエストの位置が高くなることで、脚長効果が得られるため、身長が低めの女性でもバランスよくすっきりとした印象に着こなせます。

・低身長さんのスタイルアップのポイントは?

身長が低めの女性がウェディングドレスを選ぶ際は、できるだけ視線が上に来るようなものを選ぶのがポイントです。

ハイウエストやウエストマークなどでバランスをとる他、軽やかな素材のものを選ぶことで重さを感じさせない工夫も大切です。
身長が高めの人に試してほしいウェディングドレスでは身長が高い女性の場合は、どのようなドレスがおすすめなのでしょうか。170cm くらいの場合にはあまり悩むことはありませんが、それよりも長身の場合には、その魅力をより生かせるようなドレス選びが良いでしょう。

・スレンダーラインやマーメイドライン

身長が高めの女性は、裾にボリュームや広がりを持たせすぎると、脚が短く見えてしまうこともあります。できればスカート部分はタイトなものや、あまりボリュームのないドレスを選ぶと、長身を生かして魅力的に着こなせるでしょう。

スレンダーラインやマーメイドラインのドレスはすらりとしたシルエットが印象的。脚の長さがより強調されて、美しくスタイル良く見せてくれることでしょう。

・ ロングトレーンのプリンセスラインもアリ

身長は気になるけれど、ボディラインはあまり強調させたくないという人もいるでしょう。

そんな女性には、プリンセスラインのウェディングドレスもありでしょう。できればハイウエストタイプのものを選ぶと、足が短く見える心配もなくきれいに着こなせます。裾が長いロングトレーンのプリンセスラインドレスなら、身長の高さが変に目立つこともなく、バランスの取れた美しい花嫁スタイルが叶うでしょう。

・高身長さんのスタイルアップのポイントは?

ロング丈のベールを合わせることで、縦のラインを強調し、身長の高さを目立ちにくくすることもできます。またヘアアレンジや髪飾りなどを工夫し、視線を頭の方へと持ってくるのもおすすめのテクニックです。

シンプルすぎるデザインだと間延びして見えがちなので、装飾や刺繍、デザインなどに多少凝ったものを選ぶのもひとつの方法でしょう。

身長差が気になるカップルにはフォトウエディングがおすすめ

身長差が気になるカップルは、さまざまなシチュエーションが楽しめるフォトウエディングがおすすめです。

段差のある場所や座った状態での撮影など、身長の差を感じさせないよう工夫をしながらの撮影が可能。

また身長差を生かすことで、それぞれの魅力を最大限に引き出した魅力的な写真も撮影することができます。

一生の記念として、ぜひフォトウエディングも検討してみてくださいね。

華奢な体形が悩みのかたにおすすめのドレス

細身で華奢な方も、ウェディングドレス選びで悩みがちです。とくに胸元が大きく開いたウェディングドレスなどは、なんとなく不安に感じるという女性も少なくないでしょう。

日本人のように骨格や華奢な体形の人が着ると、胸元が寂し気に見えてしまうように感じることはあります。ですがすべてのウェディングドレスがそうとは限りません。華奢な体形の人は、胸元や上半身のデザインに意識をしてドレス選びをすると、バランスよくかわいく着こなせます。

・エンパイアラインのドレスは華奢な体形向き

ウエストラインが高めのエンパイアラインのウェディングドレスは、アンダーバストの位置で切り替えるようなデザインになっています。これにより華奢な女性でも、上半身がのっぺり見えることがなく、バランスよく着こなせるのです。胸元に厚みがない、細身でボリューミーなドレスは不安という人は、一度エンパイアラインのドレスを試してみてください。

・スリーブつきのドレスも素敵

華奢な体形の人には、スリーブ付きのドレスもおすすめです。

たとえばフレンチスリーブやアメリカンスリーブ、ノースリーブやオフショルダー、袖付きのドレスなどもいいですね。胸元がオープンになっているドレスとは違い、スリーブ付きのドレスなら首回りや胸元をバランスよくカバーしてくれます。

ほかにも、ネックレスなどでバランスよく見せる方法などもおすすめ。胸元が開いているドレスだと落ち着かないという人は、スリーブのあるウェディングドレスも検討してみると良いでしょう。

スリム見せにはメリハリのあるデザインがおすすめ

本来、しっかりとした体形の欧米女性に合わせてデザインされているウェディングドレス。比較的しっかりとした体形の方が、バランスよくかっこよく着こなせるものです。

とはいえ、女性の心理としては、少しでもスリムにすっきりとして見えるよう着こなしたいと思う気持ちもあるでしょう。

そんな女性におすすめなのが、スカート部分にボリュームを持たせたデザインのウェディングドレスです。

A ラインやプリンセスラインなど、上半身はコンパクトにスカート部分はボリューミーなタイプだと体型を気にすることなくバランスよく着こなせるでしょう。

お腹周りが気になるという場合には、スカートのボリュームはそこそこで、ウエストラインにタックがあしらわれているデザインのものを選ぶと目立ちにくくなります。

身体のラインが出るドレスだと不安な小柄さんなら A ラインドレスがおすすめ

身長が低めで体のラインを拾うようなドレスが苦手な女性には、全体的にバランスよく着こなせる A ラインのウェディングドレスがおすすめです。

コンパクトな上半身と A ラインのすらりとしたシルエットが、スタイルアップさせてくれること間違いなしです。

長身タイプならプリンセスラインもおすすめ

ラインが出るようなドレスはちょっと不安だけど身長が高いので、どんなドレスを選んでよいかわからないという声も耳にします。

そうしたタイプの女性には、身体のラインを拾いにくいプリンセスラインのウェディングドレスがおすすめです。

腰回りにふんわりとしたボリュームがあるため、体型を程よくカバーしてくれることでしょう。

とはいえあまりにもボリューミーなデザインだと全体が膨張して見えがちなので、そこはバランスも大切です。

上半身と下半身のメリハリがしっかりとしたデザインのドレスを選ぶと、バランスよく着こなせることでしょう。

二の腕が気になるときはこんなデザインでカバー

二の腕カバーにおすすめなのが、オフショルダータイプのウェディングドレスです。

胸元が深めの V ネックになっているデザインだと、デコルテもすっきりときれいに見える効果もあるのでよりおすすめです。

レースのスリーブが付いたドレスや、パフスリーブタイプなども、二の腕カバーにおすすめのデザインです。

ですがビスチェタイプのウェディングドレスで、思い切って二の腕を出してしまうという着こなしもぜひ試してほしい方法。

ビスチェラインをしっかりと上まで引きあげて着れば、二の腕やワキの肉なども気にせず、スッキリと着こなせますよ。

気になる背中をすっきりと見せるなら

背中のお肉が気になるという女性におすすめなのは、背中のラインが V カットになっているタイプのウェディングドレスです。

気になる背中は隠さず大胆に見せてしまった方が、スッキリとした印象を与えられるのです。

ビスチェタイプのように背中をきゅっと締めるようなタイプよりも、バックにゆとりがあるデザインの方が良いですね。

アクアンジュならスタイルアップがかなうウェディングドレスがたくさん

札幌のフォトウエディングスタジオアクアンジュでは、さまざまな悩みをカバーしてスタイルアップがかなうような素敵なウェディングドレスをご用意しています。

種類も豊富なので、体型カバーやコンプレックスを魅力に変えてくれるデザインのドレスが必ず見つかるでしょう。

数多くの衣裳ご用意しておりますのでぜひいらしてください。

スタイルアップや体型カバーのお悩みなども、スタッフが丁寧に対応します。どうぞ遠慮なくご相談ください。


一番上に戻る

資料請求
ここだけでしか手に入らない分かり易い資料を無料でお届けしています。豊富な写真で、実際の撮影イメージを掴むのにも最適です。
アクアンジュ カタログ
来店のご予約
相談はお電話でも、来店予約をいただいてドレスやスタジオを見ながらでも大丈夫。気軽に店舗へ訪れて、分からない事は専門のスタッフへお気軽にお尋ねください。
自慢のドレスをじっくり見学できる点も人気です。